ガン抑制の効果は?|水素サプリメントとは?

がん〜発症から治療〜活性酸素の関わりとは?

がんは細胞が活性酸素によって壊されること、遺伝子に障害が出ることで発症します。しかし、活性酸素は発症だけではなく、治療にも生かされているのです。活性酸素は強力な殺傷能力があるからなのです。

Dr.SAITO’S SELECT

ガンの発症〜どのようにしてがんになるのか・・・
がん発生は発がん物質も数多く発見されており、研究は多方面に渡り広くすすめられています。ウイルス性のがん(成人T細胞白血病ウイルス〈ATLウィルス〉)などのウイルス性のがんは除き、細胞レベル、遺伝子レベルで活性酸素にダメージを与えられることによって発生します。
がんは薬品、農薬、食品添加物、紫外線や放射線、電磁波、タバコや飲酒、現代社会における過剰なストレスなどから発生してしまう活性酸素によってがん遺伝子を抑えていたがん抑制遺伝子が傷つき、がん遺伝子が活性化してしまうことによってDNAそのものを傷つけていくことで発症します。

ガンを治療する医療の現場では、ガン撲滅を望む方たち、研究者によって多岐にわたる研究が勧められているにもかかわらず、撲滅に至らないのが現実なのです。これらの治療方法は外科手術によってがんに侵されている部分を切除する方法、放射線をがん細胞にあてる放射線療法、抗がん剤などの科学的療法が行われます。

放射線療法
がん患部に放射線を照射し、その部分に活性酸素を発生させることでがん細胞そのものを破壊していくという方法です。しかし、この方法はがん細胞だけにとどまらず、その周辺にある正常な細胞までも破壊してしまう可能性があり、照射の方法や角度、そして放射線の量などさまざまな工夫や技術が必要とされています。ここでも活性酸素の弊害が起きる可能性があるのです。

化学療法
一般的に抗がん剤と呼ばれる薬剤を投与することです。この抗がん剤や制がん剤を投与することで、やはりカラダの中で活性酸素を発生させ、活性酸素の強力な殺傷能力によってがん細胞を消滅させようとします。放射線治療と同じように正常な細胞をも破壊してしまう危険性が含まれています。さらに、心臓、肺、腎臓などの細胞への弊害、免疫力そのものの低下といった副作用が伴う治療法になります。

活性酸素がこのようにに発症から治療に深く関わっていることがわかってきていますが、日常生活の中での活性酸素抑制がいかに大切かということを忘れてはいけません。過剰に発生する活性酸素を防ぐ生活、そしてその生活の見直しが必要なこともあるのです。水素サプリメントなどでカラダの内側から活性酸素を取り除いていくこと、抗酸化物質(スカベンジャー)の摂取、生活習慣の見直しが重要といえるのです。

Dr.SAITO’S SELECT

早期発見と早期治療、見つかってからでは遅いこともある?!

近年、ガンは治る病気と言われ「早期発見」「早期治療」が重要だと言われてきました。しかし、最近では、それでも遅いと言った声もあるのです。なってしまってからでは手の打ちようがない場合もあり、ならないようにすることが大切だと言われています。先ほどと重複しますが、活性酸素の研究が進んでいる現在、発症したがんを取り除くことよりも発症しないような生活をしていくことが大事だと言われます。つねに抗酸化物質・水素サプリメントなど、そしてストレスフリーな生活で活性酸素を抑えておき、がん遺伝子を活発にさせないこと、がん抑制遺伝子が活性酸素に傷つけられないようにしておく必要があるのです。この生活を心がけることで、前述の動脈硬化と言った他の病気にもなりにくくなり、健康な生活をおくることができるのです。