生活習慣病対策には水素サプリメントがちょうどいい!!

活性酸素は生活習慣病のトリガーになる!
生活習慣病の真の黒幕は活性酸素の発生とその弊害であることは前述していますが、生活習慣病とはどういったものがあるのでしょうか?
ちなみに、活性酸素に対抗するための対策そのものが生活習慣病対策になることは間違いありません。
もともとは昭和30年代の初めころから厚生省が使い始めた40~60歳代の働き盛りに多い病気として「成人病」と言われていましたが、最近では、研究が進み、それらの病気の原因の多くが患者の生活習慣そのものに起因するものであることから、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。





生活習慣病とは?

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle related disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。
このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。この生活習慣とは、食事の内容、喫煙習慣、運動習慣、飲酒の習慣のことである。
日本では生活習慣に起因する疾病として主として、がん、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっている。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがある。また糖尿病(1型糖尿病を除く)・脂質異常症(家族性脂質異常症を除く)・高血圧・高尿酸血症などが挙げられることもある。(ウィキペディアより)

生活習慣病と呼ばれる病気の種類は?

■がん
遺伝が原因となる場合と生活習慣の偏りが原因となる場合がある。

■動脈硬化
動脈壁にLDLなどの脂肪が過剰にたまり、壁の膜が厚くなり硬くなる状態です。動脈硬化は血液の流れが悪くし、脳や心臓、四肢のさまざまな病気を引き起こします。
主な原因は、喫煙、運動不足、肥満、高血圧、高脂血症、ストレスなど。

■糖尿病
血液中の血糖値が上昇、尿に糖が出る病気のこと。
その原因は高カロリーな食生活の継続、日頃の運動不足やストレスなど。

■高脂血症
コレステロールや中性脂肪といった、血液中の脂質が過剰となった状態のこと。
原因は遺伝、糖尿病、脂質の取りすぎなど。

■高血圧症
名前のとおり、血圧が高くなった状態のことをいいます。
遺伝や食事、肥満などのほか、腎臓の病気やホルモン異常などが原因として挙げられます。

■肥満症
標準体重より体重が重くなった状態で、脂肪が多い状態のこと。
消費カロリーよりも食事で摂取するカロリーが上回ってしまい、過剰に余ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうと肥満になりやすい。ホルモンや脳の異常、遺伝性の病気が原因となる場合もあるようです。

■脳卒中
脳出血やくも膜下出血のように脳内血管の破裂・出血。脳梗塞のように脳の血管が詰まった状態のこと。
主な原因は高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、不整脈などになります。





生活習慣の見直し、改善による活性酸素発生の抑制が大切!

これらの多くが食生活、運動の有無、飲酒・喫煙の習慣、休日の過ごし方といった生活リズムに起因します。食生活の欧米化で高カロリーの食事を取るようになり、これが年齢層の引き下げの一因にもなっています。生活習慣の根本からの見直しと克服で、活性酸素発生の原因を抑え、活性酸素による弊害を抑えることが重要なのです。

それでは、生活習慣病対策をいくつか見てみましょう。活性酸素抑制対策です。

水素サプリメントなどで活性酸素そのものの発生を抑制する。
②エネルギーの過剰摂取に注意する。腹八分目を心がけ、暴飲暴食をしない。
③動物性の脂のとり過ぎに注意する。牛豚の脂身やラード、バターのとり過ぎに気をつける。
④軽い運動やストレッチなどを行い、ストレス解消をする。
⑤アルコールの摂取を控え、禁煙をする。
⑥長時間、紫外線を浴びないようにする。放射線も必要以上に浴びない。
⑦抗酸化物質を出来るかぎり摂取する。ビタミンC、βカロテンなど自分自身の抗酸化力を高めること。
⑧良質なタンパク質を摂るようにすること。タンパク質は抗酸化物質を助けてくれる栄養素なのです。
⑨ポリフェノール(赤ワイン、柑橘類のフラボノイド)、カテキン(緑茶)、イソフラボン(大豆)、ケルセチン(玉ねぎ)といった抗酸化物質の
摂取を心がける。