自然環境の悪化でも増加する活性酸素を水素サプリメントで除去する

生活水の処理に使う塩素が活性酸素を誘発する

自然環境の悪化で活性酸素の害が増えてきます。大気汚染などでダムから流れてくる水道水などにも影響があるのです。浄水場でエンッ祖によってしっかりと処理をされた水がわたしたちの家庭に流れてきています。これが原因のひとつで水道の水が臭いと言った声をよく聞きます。家庭用の浄水器や濾過器を使い、ニオイや不純物を取り除く家庭が増えています。
しかし、世界中どこの国でも水道水の消毒には塩素が使われており、水道水独特のつ〜んとした塩素の臭いがしてしまいます。プールなどに行くとわかりやすいですね。水道水の消毒・殺菌にはカルキが使用されていて、このカルキは塩素系の殺菌・消毒・漂白剤になります。
この塩素処理では、水と塩素の反応によって活性酸素の仲間である次亜塩素酸が発生します。

さらに、農薬や工場からの廃液、洗濯洗剤など生活排水に含まれている界面活性剤などの化学物質が河川や地下水に浸透、流れ込むことで、水質そのものは悪くなるばかりです。水道水として利用するためには当然、処理をするためにカルキの量が増えていくいっぽうです。そうなれば、ますます次亜塩素酸の発生量も増えてしまうというわけです。この次亜塩素酸は塩素の処理で取り除くことはできないのです。



生活排水が河川・沼・湖に流れ込むと富栄養化がおこり、この富栄養化した水には浮民という物質が生成されてしまいます。このフミンが含まれた水が塩素処理されてしまうと、フミンと塩素が反応し、トリハロメタンという発がん性の高い物質へと変化します。まだまだ安全ではありますが、安心だと思われている水道水にまで、活性酸素の弊害が出る可能性を秘めているのです。

オゾン層を破壊することだけが大気汚染ではない

自動車や工場から排出される大気汚染の元凶である窒素酸化物や硫黄酸化物などですが、これら酸化物が上空で紫外線にあたり雨の中に溶け出し、硝酸と硫酸になって、酸性雨として降ってくるのです。この酸性雨が森林や植物を枯らし、地面の中の水銀やカドミウム、アルミニウムなどを地下水に溶け出させてしまうのです。そして、これらの水をわたしたち人間が長期間に渡って飲んでしまうと脳や肝臓に障害が発生します。また、冷蔵庫やエアコンに使われているフロンガスは大気中で一酸化塩素ラジカルという活性酸素に変化し、オゾン層を破壊してしまいます。このオゾン破壊によって紫外線が大量に地上に降り注いでしまうのです。紫外線の影響は皮膚がんだけでなく、地上の生物の生態系そのものを脅かしてしまうのです。

次亜塩素酸
水道水の塩素処理では塩素と水の反応してしまい、次亜塩素酸が発生します。次亜塩素酸そのものはラジカルではありませんが、過酸化水素水、一重項酸素と同じようにすぐに活性酸素を発生させてしまう、活性酸素の仲間になります。

トリハロメタン
水道水の塩素処理によって発生する一群の有機ハロゲン化合物の総称になります。塩素または集その元素を3つもっており、クロロホルムに代表される発がん性が報告されている物質のひとつです。

酸性雨
イオウ酸化物や窒素酸化物が溶けている雨のことで、phは酸性で生態系そのものに広く悪影響を与えています。通常の雨に比べて、何十倍も酸性(ph5.6以下)によっており、石炭や石油などの燃焼、自動車の排気ガスによって発生するイオウ酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)が原因になります。土壌の変質や森林の枯死につながります。

四塩化炭素
無色で独特の臭いがある有害な液体で、メタンや二酸化炭素が塩素と結合することで発生します。溶剤や消火剤として使用し、フロンの原料にもなっています。

日常生活に使っている安心安全だと思っているものから発生してしまう可能性のある活性酸素水素サプリメントを飲んでおくことで、活性酸素そのものを抑制できますのでとっても安心です。

今注目の水素!水素+αの力でキレイと元気を強力サポート!サプリメント【ハイドロゲンEX】