水素でエネルギー生成時に出る活性酸素を抑制

わたしたちは酸素を利用してエネルギー源を燃やしている

わたしたちはタンパク質やブドウ糖を酸素で燃焼させてエネルギーを発生させています。細胞の中にある「ミトコンドリア」でエネルギーを発生させているのです。生きていくためのエネルギーを自分のカラダの中で作っているのです。この「ミトコンドリア」という小器官は「ミトコンドリア・エンジン」とも呼ばれ、ミトコンドリアの膜にエネルギーの生成に必要な酸素が備わっています。細胞内のミトコンドリアではわたしたちの生活に必要な大量のエネルギーをフル稼働で生産しています。
そして、作られたエネルギーは「アデノシン三リン酸(ATP)」という生体分子に蓄積されていきます。このアデノシン三リン酸を運搬係としてカラダ中のエネルギーの必要な場所に必要な量が届けられるのです。
食事などから摂取されたブドウ糖やタンパク質は腸内で吸収され、血液を通って各細胞へと運ばれていくのですが、その過程で、ミトコンドリア内に届けられ、エネルギーとして変換されていきます。このことを「TACサイクル」とか「クエン酸サイクル」とよんでいます。





酸素の消費量とわたしたちの寿命には深い関係性が・・・

わたしたち日本人の平均寿命は80年を超えていますが、同じように酸素を使って生きている動物たちはどうでしょう。ネズミのような小動物は約1年くらいと言われていますし、ゾウは約70年と言われています。同じ哺乳類ですが、こんなにも違うものです。ネズミにしてもゾウにしても一生で打つ脈拍の数は約8億回と同じ数字だということがわかっています。ゾウに比べてネズミは約70倍の速さで心臓が鼓動していることになるのです。
さらに、ネズミもゾウも細胞または組織1グラムあたりの一生の間に消費する酸素の量も同じであるということがわかっています。先ほどと同じようゾウに比べてネズミは約70倍の速さで酸素を消費していることになるのです。


酸素の消費量によって生命の寿命が決まっている


わたしたちも酸素を吸って生きています。何気なく酸素を吸ってごくごく当たり前の空気を知っている以上は活性酸素の弊害を避けることはできないのです。その酸素を利用してミトコンドリアの内部で酸化・還元(電子の移動)を行い、エネルギーの生成を行っているのですが、この時点でいろいろな活性酸素が発生してしまうにです。言い換えれば、普段の生活で消費するエネルギー量(代謝エネルギー)が多ければ多いほど、活性酸素の発生も多くなるということなのです。
わたしたちは活発に活動すればするほど、活性酸素の弊害を受けることになりますので、酸素の消費量が寿命を決めてしまうとも言えるのです。

運動量の差が寿命の差となる

酸素消費量と寿命の関係は同じ種類の動物を使った数多くの実験で確認されています。冬眠をする哺乳動物などは、冬眠中にはカラダを動かすことがなく、体温も約37℃から7℃前後まで下がることが確認されていて、それに伴い、脈拍数も通常1分間に約60回のところが2分間で1回と急激にさがるのです。こうすることで、酸素の消費量も減り、エネルギーの代謝も下がるのです。活性酸素の発生も自ずと減るわけですから、活性酸素の弊害から身を守っているということにもなります。





ミトコンドリア
細胞内部にあるミトコンドリアは膜に覆われており、その内部も膜で仕切られています。その膜にエネルギー生成に必要な酸素が備わっています。ミトコンドリアは通常、細胞1個の中に数十個存在し、 エネルギーの生成が活発な臓器、例えば、肝臓の細胞では約500〜2000個以上あるようです。

TCAサイクル・クエン酸サイクル
カラダの中では、タンパク質やブドウ糖を酸素で酸化させて、最終的には、CO2とH2Oにまで分解しているのです。この過程でエネルギーが発生し、そのエネルギーを取り出しているのですが、このことをTCAサイクルと呼んでいます。しかし、タンパク質、ブドウ糖と酸素だけでは、酸化反応は起こらず、その他に酸化反応に必要な物質が各種「酵素」になります。

エネルギー生成の過程で活性酸素が発生してしまう
わたしたちのような好気性生物は食ものを直接的に酸化させることはせず、酵素などのパワーを借り、複雑な過程を通して食べ物から水素を取り出しています。この水素からの電子をミトコンドリア内部でやり取りをし、その電子の流れによってエネルギーを作り出しているのです。この段階で活性酸素が発生しています。

ミトコンドリアでエネルギー生成過程に発生する活性酸素。これが過剰になることを防いでくれるのが水素サプリメントから発生する水素なのです。細胞レベルからの発生に対抗するべく、カラダの中では水素が常にある状態にしておくことが大切なのがよくわかります。




自然環境の悪化でも増加する活性酸素を水素サプリメントで除去する

生活水の処理に使う塩素が活性酸素を誘発する

自然環境の悪化で活性酸素の害が増えてきます。大気汚染などでダムから流れてくる水道水などにも影響があるのです。浄水場でエンッ祖によってしっかりと処理をされた水がわたしたちの家庭に流れてきています。これが原因のひとつで水道の水が臭いと言った声をよく聞きます。家庭用の浄水器や濾過器を使い、ニオイや不純物を取り除く家庭が増えています。
しかし、世界中どこの国でも水道水の消毒には塩素が使われており、水道水独特のつ〜んとした塩素の臭いがしてしまいます。プールなどに行くとわかりやすいですね。水道水の消毒・殺菌にはカルキが使用されていて、このカルキは塩素系の殺菌・消毒・漂白剤になります。
この塩素処理では、水と塩素の反応によって活性酸素の仲間である次亜塩素酸が発生します。

さらに、農薬や工場からの廃液、洗濯洗剤など生活排水に含まれている界面活性剤などの化学物質が河川や地下水に浸透、流れ込むことで、水質そのものは悪くなるばかりです。水道水として利用するためには当然、処理をするためにカルキの量が増えていくいっぽうです。そうなれば、ますます次亜塩素酸の発生量も増えてしまうというわけです。この次亜塩素酸は塩素の処理で取り除くことはできないのです。



生活排水が河川・沼・湖に流れ込むと富栄養化がおこり、この富栄養化した水には浮民という物質が生成されてしまいます。このフミンが含まれた水が塩素処理されてしまうと、フミンと塩素が反応し、トリハロメタンという発がん性の高い物質へと変化します。まだまだ安全ではありますが、安心だと思われている水道水にまで、活性酸素の弊害が出る可能性を秘めているのです。

オゾン層を破壊することだけが大気汚染ではない

自動車や工場から排出される大気汚染の元凶である窒素酸化物や硫黄酸化物などですが、これら酸化物が上空で紫外線にあたり雨の中に溶け出し、硝酸と硫酸になって、酸性雨として降ってくるのです。この酸性雨が森林や植物を枯らし、地面の中の水銀やカドミウム、アルミニウムなどを地下水に溶け出させてしまうのです。そして、これらの水をわたしたち人間が長期間に渡って飲んでしまうと脳や肝臓に障害が発生します。また、冷蔵庫やエアコンに使われているフロンガスは大気中で一酸化塩素ラジカルという活性酸素に変化し、オゾン層を破壊してしまいます。このオゾン破壊によって紫外線が大量に地上に降り注いでしまうのです。紫外線の影響は皮膚がんだけでなく、地上の生物の生態系そのものを脅かしてしまうのです。

次亜塩素酸
水道水の塩素処理では塩素と水の反応してしまい、次亜塩素酸が発生します。次亜塩素酸そのものはラジカルではありませんが、過酸化水素水、一重項酸素と同じようにすぐに活性酸素を発生させてしまう、活性酸素の仲間になります。

トリハロメタン
水道水の塩素処理によって発生する一群の有機ハロゲン化合物の総称になります。塩素または集その元素を3つもっており、クロロホルムに代表される発がん性が報告されている物質のひとつです。

酸性雨
イオウ酸化物や窒素酸化物が溶けている雨のことで、phは酸性で生態系そのものに広く悪影響を与えています。通常の雨に比べて、何十倍も酸性(ph5.6以下)によっており、石炭や石油などの燃焼、自動車の排気ガスによって発生するイオウ酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)が原因になります。土壌の変質や森林の枯死につながります。

四塩化炭素
無色で独特の臭いがある有害な液体で、メタンや二酸化炭素が塩素と結合することで発生します。溶剤や消火剤として使用し、フロンの原料にもなっています。

日常生活に使っている安心安全だと思っているものから発生してしまう可能性のある活性酸素水素サプリメントを飲んでおくことで、活性酸素そのものを抑制できますのでとっても安心です。

今注目の水素!水素+αの力でキレイと元気を強力サポート!サプリメント【ハイドロゲンEX】

生活習慣病対策には水素サプリメントがちょうどいい!!

活性酸素は生活習慣病のトリガーになる!
生活習慣病の真の黒幕は活性酸素の発生とその弊害であることは前述していますが、生活習慣病とはどういったものがあるのでしょうか?
ちなみに、活性酸素に対抗するための対策そのものが生活習慣病対策になることは間違いありません。
もともとは昭和30年代の初めころから厚生省が使い始めた40~60歳代の働き盛りに多い病気として「成人病」と言われていましたが、最近では、研究が進み、それらの病気の原因の多くが患者の生活習慣そのものに起因するものであることから、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。





生活習慣病とは?

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle related disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。
このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。この生活習慣とは、食事の内容、喫煙習慣、運動習慣、飲酒の習慣のことである。
日本では生活習慣に起因する疾病として主として、がん、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっている。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがある。また糖尿病(1型糖尿病を除く)・脂質異常症(家族性脂質異常症を除く)・高血圧・高尿酸血症などが挙げられることもある。(ウィキペディアより)

生活習慣病と呼ばれる病気の種類は?

■がん
遺伝が原因となる場合と生活習慣の偏りが原因となる場合がある。

■動脈硬化
動脈壁にLDLなどの脂肪が過剰にたまり、壁の膜が厚くなり硬くなる状態です。動脈硬化は血液の流れが悪くし、脳や心臓、四肢のさまざまな病気を引き起こします。
主な原因は、喫煙、運動不足、肥満、高血圧、高脂血症、ストレスなど。

■糖尿病
血液中の血糖値が上昇、尿に糖が出る病気のこと。
その原因は高カロリーな食生活の継続、日頃の運動不足やストレスなど。

■高脂血症
コレステロールや中性脂肪といった、血液中の脂質が過剰となった状態のこと。
原因は遺伝、糖尿病、脂質の取りすぎなど。

■高血圧症
名前のとおり、血圧が高くなった状態のことをいいます。
遺伝や食事、肥満などのほか、腎臓の病気やホルモン異常などが原因として挙げられます。

■肥満症
標準体重より体重が重くなった状態で、脂肪が多い状態のこと。
消費カロリーよりも食事で摂取するカロリーが上回ってしまい、過剰に余ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうと肥満になりやすい。ホルモンや脳の異常、遺伝性の病気が原因となる場合もあるようです。

■脳卒中
脳出血やくも膜下出血のように脳内血管の破裂・出血。脳梗塞のように脳の血管が詰まった状態のこと。
主な原因は高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、不整脈などになります。





生活習慣の見直し、改善による活性酸素発生の抑制が大切!

これらの多くが食生活、運動の有無、飲酒・喫煙の習慣、休日の過ごし方といった生活リズムに起因します。食生活の欧米化で高カロリーの食事を取るようになり、これが年齢層の引き下げの一因にもなっています。生活習慣の根本からの見直しと克服で、活性酸素発生の原因を抑え、活性酸素による弊害を抑えることが重要なのです。

それでは、生活習慣病対策をいくつか見てみましょう。活性酸素抑制対策です。

水素サプリメントなどで活性酸素そのものの発生を抑制する。
②エネルギーの過剰摂取に注意する。腹八分目を心がけ、暴飲暴食をしない。
③動物性の脂のとり過ぎに注意する。牛豚の脂身やラード、バターのとり過ぎに気をつける。
④軽い運動やストレッチなどを行い、ストレス解消をする。
⑤アルコールの摂取を控え、禁煙をする。
⑥長時間、紫外線を浴びないようにする。放射線も必要以上に浴びない。
⑦抗酸化物質を出来るかぎり摂取する。ビタミンC、βカロテンなど自分自身の抗酸化力を高めること。
⑧良質なタンパク質を摂るようにすること。タンパク質は抗酸化物質を助けてくれる栄養素なのです。
⑨ポリフェノール(赤ワイン、柑橘類のフラボノイド)、カテキン(緑茶)、イソフラボン(大豆)、ケルセチン(玉ねぎ)といった抗酸化物質の
摂取を心がける。