1.6ppm Dr.斎藤 LDL M.GH真水素 TCA TCAサイクル うつ病 がん くすみ しわ たるみ アデノシン三リン酸 アトピー性皮膚炎 アドレナリン アルツハイマー アルツハイマー予防 アンチエイジング イオン酸化物 エイジング エイジングケア エクリン腺 エストロゲン エネルギー キューティクル損傷 クエン酸サイクル コラーゲン コレステロール シミ スカベンジャー ストレス スーパーオキシドジスムターゼ セロトニン チロシナーゼ チロシン デオドラント デトックス トリハロメタン トリプトファン ドーパミン ノネナール ノルアドレナリン ヒドロキシルラジカル ビタミン フリーラジカル ポリフェノール マイクロクラスター マグネシウム吸蔵体 ミトコンドリア ミネラル メラニン 不対電子 二日酔い 二日酔い防止 便秘 加齢臭 効果 効能 動脈硬化 口臭予防 善玉活性酸素 変性 太田成男博士 太田教授 女性ホルモン 好気性生物 妊婦 幸福ホルモン 心疾患 悪玉コレステロール 悪玉活性酸素 成人病 抗うつ作用 抗炎症 抗酸化 抗酸化作用 抗酸化力 抗酸化物質 排気ガス 斎藤糧三医師 次亜塩素酸 歯周病 歯肉炎 水素 水素サプリ 水素サプリメント 水素水 治療 活性酸素 活性酸素の原因 活性酸素抑制 活性酸素除去 海馬 炎症 炎症抑制 環境破壊 生活習慣病 痛み 窒素酸化物 糖尿病 紫外線 紫外線除去 羊水 美容 美白 美肌 老化 脳内細胞 脳卒中 脳関門 腸内フローラ 臭い 若返り 赤ちゃん 運動 過酸化脂質 還元 酸化 酸化予防 酸化抑制 酸化防止 酸性雨 酸素 酸素消費量 雑菌 電子 飲酒 飽和水素濃度 高脂血症 高血圧

赤ちゃんの肌にもやさしい水素

赤ちゃんが生まれてきて気になること。毎日元気の育ってくれること。 発疹やアトピー、アレルギーなど出てはほしくない症状の数々。 もし赤ちゃんにアトピー性皮膚炎が出てしまったら・・・。 間違いなく、皮膚科にお世話になることと思います。診察してもらい、先生が出してくださったお薬を塗ってあげる。皮膚科の先生方を否定するつもりは全くありませんが、症状に合わせてステロイドのお薬を優しいものから順番に出してくれるでしょう。しかし、これだけステロイドについては色々な..

続きを読む

水素とデトックス〜水素でデトックス

水素にはいわゆる毒素をデトックスする(体外に排出する)力があります。 ですが、単純に便や尿、汗などですべてをデトックスするとは限りません。ですが、尿意をもよおす機会が増えたり、便通が良くなったりといった効果は期待できます。 例えば皮膚からそれを出そうとする作用も起こってきます。 細胞が正常になると機能の回復のために細胞が活発に働きだし、それによって免疫力が高まり自然治癒力も上がっていきます。 もともとの細胞の悪い部分の修正も行われていきますので、そのとき..

続きを読む

気になる!水素の副作用は?

水素サプリメントや水素水に含まれている水素自体は人間のカラダには全くの無害です。副作用などは全くありません。水素は厚生労働省に食品添加物として認められていますし、しっかりと検査をした上での認可ですので、安心です。 水素をしっかりと摂取することで活性酸素がたまりにくくすることで、基本的にはカラダにとっていい影響しかありませんので、不思議であるのも仕方のないことですし、やはり副作用やデメリットなどは気になるところです。 しかし、このいい影響はわたしたちにと..

続きを読む

水素で脳へのダメージを予防。活性酸素が脳に与える影響は?

活性酸素は脳の細胞に思わぬダメージを与えてしまいます。 本当に疲れ切っている時、何かをやろうとしたり、考えようとしても集中することができずに、頭が考える事自体を拒否または拒絶してしまいます。 逆を言えば、朝起きてすぐに勉強や考え事をすると、とても頭が冴えて、勉強や考え事に集中できると思います。頭が冴えているという感覚こそ、脳内に活性酸素が全然たまってない状態で、起きたばかりの朝に見られる脳のとてもいい状態なのです。 夜遅く疲れきっているときには脳の中は活性酸素が..

続きを読む

水素吸蔵マグネシウムという水素吸蔵体

水素サプリメントに使われている水素吸蔵体のひとつ。 水素の権威である日本医大太田教授が研究されている【水素吸蔵マグネシウム】ですが、いったい水素吸蔵体とはなんでしょうか? 水素吸蔵体は、その物質内部に“水素を抱き込んだ物質であり”、多くは「それが水と反応することによって内部の水素を放出する」というものです。 太田教授が研究されている水素吸蔵マグネシウムは高品質で安定的に大量に生産することできるようになったようです。その水素吸蔵マグネシウムは「マグ水素」と名付けら..

続きを読む

慢性的な炎症で活性酸素が増加。水素の抗炎症作用について

自覚症状の少ない炎症とは? 発熱・発赤・腫脹・疼痛の兆候が比較的少ない炎症があります。しかも、それが慢性的に続く状態はよくありません。 通常、炎症反応が現れる場合というのは、自覚症状を出すことによって、カラダが免疫活動が行われていることが知らされているのです。しかし、自覚症状の少ない炎症は免疫が発動していることを気づかず放置されたり、症状が軽いので軽視されるかのいずれかで、炎症が慢性的に続くというのは危険を伴うということです。 中でも、「食物アレルギー」や「持続感染..

続きを読む

もっと見る